mucchiの黒い子

今日のメニュー  
えー、黒い子にはウインカーがついていません。法律の事はよくわかりませんが方向指示器が点いてないと駄目なはずです。
世のべスパフリークな皆様はウインカーを良しとしないようですが、私はつけます。おまーりさんに怒られるんですよ。ウチのあたり結構うるさいし。
つーか無いと轢かれるだろ。街道っぷちとかで。


取り付けるウインカーはバーエンドにつける奴。べスパっぽくていいやね。
さるお方にプレゼントしていただいた逸品です。I知県に向かって一同礼。

ところで、うちの子のハンドル周りは一体成型の鋳物風味です。配線はヘッドライトと速度計を外して行います。
  頭の中はからっぽで
シフトワイヤの取りつけグワイ  
左手側はシフトハンドルになってましてウインカーのスイッチもそこにつくんですが(下の図)、ドリルで穴開けたりなんだりする関係もあるからハンドルを外しちまおうと思います。

でもね、外し方が判んネーのよ。
こんな感じな。

ぱっと見自転車のグリップシフトに似てますが、違うのはクラッチとかウインカーのスイッチを含むハンドルの左手側全部がゴキゴキ回るところ。
左手側
レバーの内側
ハンドルの下側からのぞくとバネみたいのがささってて止まるような感じもしてますがいずれにしてもえらい大変そうです。

「つけたままドリルで穴あけれ」っつう大宇宙の意思かね。
えー、本当ならジェネレーターからデンキを引っ張ってくるのが美しいんでしょうが、前照燈暗くなりそうなのでバッテリーを増設してそこからデンキをとります。
バッテリーがやばくなってきたら充電。簡単。ほんとか?

で、メーターを外した穴から作業。ハンドルのスキマに線をくぐらせて…
配線開始
ハンドルとボディのスキマ
ボディーの隙間を通って下へ。
で、このままモノコックの中を通ってバッテリー格納予定の左後モノ入れまで配線するのが正しいんでしょうがなんだか物凄く大変そうなニオイがするので止めます。

前輪泥除けとボディーのスキマから線を引き出して…
ホーンの穴がサービスホール代わり
ウワーオ
そのまんまボディーの下側へ。

凄いッ!全然凄くないッ!
で、うえからゴムのテープでぼろ隠し。

ははは。画期的。



せめて目隠ししましょう
モミモミ
で、後から前までの配線は終わっちゃったことにしてスイッチの取り付けに何事も無かったような顔で取り掛かります。

この作業のためにカインズホームで電気ドリルを新調。切りクズが飛ぶとイヤなのでオイルを吹いてから穴あけ。

ハンドルのカバー部分はアルミの鋳物らしく意外にやわらか。
ほじくった穴から導線を差し込んで引き回し。

手が入りにくいんですが、あちこちに穴が空いてるのでそんなにしんどくはないです。

左手で持ってるのは30cm位あるでかいピンセット。これがあるとスイッチの穴から入れた線をバーエンド側に出すにしてもヘッドライト側に送るにしても楽チン。
ウリウリ。
とりあえず配線だけどんどん進めましょう。

暗くなってきた…

なんか知らない間におととにミラーつけられてました。ていうかミラーのステー、あれでいいのか?
引き続き配線中
スイッチの線
写真とるの忘れたので絵で。

スイッチの中身はこんな感じ。各部の端子に導線をネジ止めするという単純かつ確実な作りです。

この基盤(?)部分に、クロームメッキのかわいらしいカバーが被さるわけよ。
黒い車体に銀のスイッチがアクセントになってよろしいね。
まだまだ配線中
スイッチはゴムの土台を介してハンドルに固定されます。このゴムの土台には切り欠きがあってスイッチの基盤部分の周り止めになってます。
さあ、ロケンロールな作業で着々と進んでいます。
次回は回路の完成とハンドル末端へのインジケーターの取り付けとバッテリーの据付け。
見事方向指示器は点灯するのか?待て次号!