mucchiの黒い子

軽トラに搭載の図
しばらく預かってもらっていた工場から引き取ってきます。

レンタカーで軽トラックを借り出して半日のドライブでございます。ウフフフフ。

足元に転がっているのはラダー代わりの材木。
持って帰ってきたのはいいんだけどもすぐには走らす訳にはいかんのです。
某国で修復作業済みの車両なのですが割とおおらかな作業をされたようであちこちグデグデなんで確認してみないとネーと。
細かい日本人としてはね。

ご覧下さい。
フライホイールのハネ車ですが3本のネジで止まっております。

ホントは4本なのよ!漢字で書くと四本!!
ネジ穴4つ見えるっしょ。

しかも3本のうちの1本はなんかタッピングビスだし。
いきなりだけんども
コイルですがな
実に味のある点火コイル。

このヨレヨレグワイは一朝一夕には出ネーのよ。

プラグキャップはわりかしキレイだけど。
これがハネ車。

なんか割れてるし。
っていうかつけたまま塗ったろ。

裏側とかネジの後とか塗れてないし(笑)
ハネ車だけ別になってるってのは普通なのかしら。
聞くところによるとそうでもないらしいけど。
ハネ車
エンジンの図
ハネ車外すとこんな感じ。
ハネ車はネジで止まってるだけで外すのにプーラー等は要りません。

ここのシリンダーには樹脂製のカバーがきさっててハネ車からの風が効率よくあたるようになってるわけです。強制空冷。
ハネ車のボルトは要交換な気分。


ってんで交換してはみたんですが、
フライホイール側のネジ山がすでにおばかチャン。

タップたててネジ切りなおさないとだめぽ。



換えてはみたけど