とつげきとなりのしとろえんとか:ホンダ・CG125


前輪ブレーキの清掃

CG125は前後輪ともドラムブレーキを採用しています。効きはともかくとして、使っているとだんだん音が出るようになり、最終的には少しかけただけでもピイピイと大きな音が出るようになってしまいました。近所迷惑ですし、精神衛生上良くないので音はブレーキダストが原因とにらみ、前輪ハブを分解しての清掃に踏み切りました。

作業

前輪ハブボルトナットが結構なトルクで締結してあるので、メガネレンチが必要です。ソケットの場合は差込角1/2の使用をおすすめします。

前輪がなくなりますのでひっくり返らないようにウマをかませます。
ビールのケースなど、要はひっくり返らなければなんでもかまいません。

ひっくり返らないように最初から車を倒して作業するのも一つの方法です。

フロントのハブボルトナットを緩めます。左右で二面幅が違います。

前輪をずらしやすくするために泥除けをずらします。

ところでこの泥除け、取り付け穴が4つ開いています。取り付け位置をずらすことによってタイヤと泥除けのスキマを大小二通り選ぶことができます。

泥除けがずらせます。ブレーキとスピードメーターのワイヤーが泥除けについたワイヤー製のガイドを通っているので完全に取り外すことはできません。

ハブと左側のフォークはアリミゾのような構造で位置決めされています。

ハブを貫通するボルトがなくなっていますので、フォークは左右別々に回転が可能です。前輪を前に出し、フォークをずらしてブレーキを取り出します。

たぶんこの時点でハブ右側のカラーが外れておっこちますので注意。組みつけの時に忘れないようにしましょう。

とりだしたブレーキ。ブレーキダストが溜まっていました。

奥に見える白い物はメーターのワイヤーを回すギア。何故か樹脂製で、しかも欠けていました…orz

くやしいのでグリスを充填してセットしなおし。

あちこちに堆積したブレーキダスト。

ハブ側にも溜まっています。パーツクリーナーを使って洗い流します。
アスベストは入っていないと思うけど、くれぐれも吸い込まないように注意。

   
逆の手順で組み立てます。見事鳴きは収まりましたが、なぜかブレーキの効きが甘くなりました。ワイヤーを調節して元通り。
   

もどーる